asana / アサナ

ダウンドッグ – Adhomukha svanasana – 下を向いた犬のポーズ

ヨガのほとんどのクラスで出てくるこのポーズは、

サンスクリット語で”Adhomukha svanasana” アドムカシュバーナアーサナ

日本語で「下を向いた犬のポーズ」、通称『ダウンドッグ』といい

頻繁に出てくる割りに、最も全身の筋肉のコントロールが必要とされるポーズ、と言われています。

実際難しい。未だにかかとをしっかりプレスして後ろ足に体重が乗った、とされることはあったかな・・・あったかもしれないけど・・と、首を傾げてしまうほど満足にできていないポーズの一つです。

ヨガをしたことのある人なら太陽礼拝をしてダウンドッグになると、半歩くらい足を前にして、ダウンドッグをしてしまう人いるかと思います。私も気持ちそうです・・

でも正しくは、距離を縮めずに骨盤と太ももの角度が直角になるようにして、かかとを床にプレスして後ろ足に重心を乗せるのです。

そのために手のひら、指をしっかりと開いて広げ、マットを押す力が必要とされ、腕のコントロール(前腕と上腕の動きの違い)、そして肩甲骨も左右に広げるようにします。

腰も体側も伸ばし坐骨が天井へ向く方向に背骨を伸ばしていきます。

足に関しても裏側のハムストリングスやふくらはぎを伸ばすためには、前側の太ももやスネのコントロールも多大な影響を与えます。もちろん足の指も!

たくさんのチェックポイントのあるダウンドッグだからこそ、ヨガクラスの中に毎回何回も出てきて、細かく筋肉を動かすことでだんだんと体の各所に広がりのあるスペースが生まれてくることが体感されます。

膝の内側や鼠蹊部、お腹周りに広がりを感じられるようになれば、よりもっと深めていかれる先があるでしょう。まだ私にも未知の世界がダウンドッグを通して開かれているようで、終わりなき探求の旅、ともいえるでしょうか。

ヨガのポーズひとつで、このような体感を得ることができることを知ってラッキーだと、ヨガは人生だな、とやはり思います。

注意:この写真はダウンドッグから足を閉じて次のポーズへ行く準備をしているため、足は閉じています。実際は足は骨盤幅ですのでお間違えなく!